人気ブログランキング |

奈良学園前のテーブルコーディネートと季節の料理の教室


by rabi-u

滑り込みセーフ

ハハは待っているけれど、銀行に寄って帰らなければーー
と、帰り道にある銀行に
車を止めて、若い気でいる者だから、
歩きながら、持ったバックに車のカギを入れ、そのついでに通帳を出しておけば、
少しでも早くことが済む。と、思ったところが大間違い。
少しの段差があるのが目に入らず、
ものの見事に転び
少し先が工事中、警備のオジ様が車に指示の旗を振り下ろした、ちょうどその瞬間に
警備のオジ様の真後ろの足元に、私が滑り込みセーフの格好で、転がっているものだから
オジ様、なんだか不思議なものでも見たような顔、
私は痛いし、恥ずかしいし、
でも、よく滑った!銀行の玄関前が大理石状のものなので、氷の上を滑るように
これで良かった!コンクリートだったなら、擦り傷たくさんできている。
オジ様があまりびっくりの顔なので、大げさに「ああ痛かった」と起き上がり、
急いで銀行に入ったけれど、まだまだオジ様、旗振りを忘れ、私の方をーー
ササッと済ませて車に乗り、まだまだ見ていてくれるオジ様に
これ以上びっくりさせてはいけないと、
よおーく、よおーく、注意深く車を発進させたのだけれど、
警備のオジ様は私の車が見えなくなるまで旗振りを忘れ送ってくれました。
びっくりさせてごめんなさい。

家に帰り着き、「ばあちゃん、なあ(ハハに言う時には岡山弁が混じる)ばあちゃんの顔を早く見たくて走っていたら転んでしまった。骨でも折れているかしら?」と言ったら
「大丈夫、歩いているから」
そうです、お陰なことに何事もなく、風呂に入って全身を
よおーく確かめてみたら擦り傷、打ち身一つなく、
タダ、氷の上を全身で滑って滑り込みセーフしたみたいにーー
by rabi-u | 2013-01-22 20:25 | 日々のこと