人気ブログランキング |

奈良学園前のテーブルコーディネートと季節の料理の教室


by rabi-u

<   2013年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

庭の椿

所属する教会でお彼岸の行事があり出かけていて
雨の中を帰宅したら、庭の椿が、にっこりと迎えてくれました。
a0125981_1920076.jpg

この椿を植えてくださったお向かいの画家の先生も、
もう彼岸のかなた
お彼岸には、亡き人を思いだし、涙を出したり、にっこりほほ笑んだり
一年に二度のお彼岸、とても大事な日です。

裏庭の侘助は鈴なりに咲いていました。
a0125981_19303992.jpg

この侘助が好きだった人も、もうあの世

この世にいる間に美しいものをいっぱい眺めていたい。
by rabi-u | 2013-03-20 19:37 | 庭&花

八朔

ハハが植えていた八朔の木に実がなり
a0125981_2115494.jpg

もらってきました。

もう八朔の季節なのですね。
蜜柑から八朔に、八朔から、甘夏にと季節は移行し、人は年を重ねてゆくのですね。

昔は、甘夏よりは酸っぱい夏ミカンが多く出回っていて
季節が良いときの遠足の果物は夏ミカン
何かにつけては夏ミカンの話をされていた先生
一番お会いしたい先生
思い出の多い夏ミカンです。

八朔の木は、我が家の狭い庭にも、以前あり
花も楽しみ、青々とした葉も楽しみ、
たくさんたくさんの八朔を楽しんでいましたが
ある年、なんだか葉の色がおかしいな?と
思った時には、時すでに遅し、
木の根元の方に虫が入り、すっかり養分を吸い取ってしまい
たくさんの実をつけていた八朔の木は無残な姿となってしまいました。

今年は頑張って、田舎の庭に八朔の木を植えてみたい!
葉もきれいだし、花もきれいだし、何よりもおいしい八朔が食べれるし
三拍子そろっているので、うれしい!
沢山実の付いた八朔の木の下でティを楽しめるともっと嬉しい!
みなさんどうぞご一緒に!!(少し気が早いけどーー)
by rabi-u | 2013-03-19 21:59 | 日々のこと

梅の花と椿の花

昨年、どの枝を剪定したら良いのかも分からず、
タダ伸びている枝をバッサリと切り落とした梅の枝に
沢山の花が咲き、
隣の椿も深紅の小ぶりの花をたくさんつけて
田舎の家の庭は目を楽しませてくれました。
a0125981_20512631.jpg

苔むす石も好きです。
a0125981_20534952.jpg

ハハも、お墓掃除を手伝うと言って一緒に来てくれているので
お昼ご飯はお供えもする甘いおはぎとなりました。
a0125981_20594018.jpg


夕飯には
お隣のNさんにいただいたネギに生椎茸を合わせてサッと煮に
a0125981_2122930.jpg

ネギとても柔らかくて美味しかったです。Nさんありがとうございました。

今日は雨、
雨の庭の苔むす石の風情も眺めていて飽きないものです。
a0125981_2164970.jpg

a0125981_21145619.jpg

by rabi-u | 2013-03-18 21:23 | 槻の家

アンズの花

教室の庭にある梅の花も、早、散ってしまい
隣に植えたアンズの花が、今、満開です。
a0125981_21335319.jpg

梅の花が開き、
お水取りの行事が終わると、ここ、奈良の地は、一気に春になり、
次々と花が咲き、春爛漫を奏でます。

もうすぐ夜桜も楽しめます。
今日は夜桜ならぬ、夜の理事会に出
明日は早朝から田舎(槻)に行きお墓掃除、庭も、きっと草がびっしりと生えていることでしょう。

来月、田舎に行くときに、岡山にご興味がおありでしたら、
是非、ご一緒に!

そして、一日、草取りと野菜の植え付けをお手伝いくださいませ。
後は、岡山の後楽園、倉敷の美観地区など、ゆっくりとご堪能くださいませ。
by rabi-u | 2013-03-16 16:56 | 庭&花

家の解体

お向かいの家の解体が始まりました。
一昨日、お向かいの庭で仕事をしていた方に声をかけたら
明日から解体が始まるので、使えそうな石を持ち帰ります。と
沢山の石をトラックに積んでーー
お向かいには、有名な画家がお住まいされていて、
昨年他界され、無人になっていた家。

画家で大勢の生徒さんに教えていた先生は「庭師になりたかった」と
おっしゃっていたほどで、石も素敵に配置してあり、見事な庭でした。

また、家もいたるところをご自分で、手を加え
中でも、玄関はさすが!というつくりに
a0125981_19574463.jpg


我が家から見える玄関はとても風情があり、
よく、お向かいの先生も、ここに座ってお話され
石は 酔った勢いで抱えて帰ってきたなどと、
面白いお話が多かった庭と玄関

解体前に、庭の石も、玄関ドアも外され、いろんな物が、いろんな方々によって持ち出され、あとは、全部がれきとなるのですね。
わびや、さびを生かした美的なセンスに優れた家も
もう見納めとなり
諸行無常のはかなさを感じるこの頃です。
by rabi-u | 2013-03-15 20:22 | 日々のこと

菊芋のスープ

先月、菊芋を生のままと、サッとゆでて昆布入り甘酢で和え
菊芋をご存じない方々に食していただいたら、
植えていらっしゃった方もいて、
土を掘り返してみたらまだ残っていたという菊芋で
今日お越しのKさんが
菊芋のスープを作ってお持ちくださいました。
a0125981_21383119.jpg

菊芋の香りが残っていてとてもなめらかな美味しいスープ
今日は菊芋のスープで乾杯!!
by rabi-u | 2013-03-14 21:49 | 教室
美味しい美味しいプディングです。
a0125981_21365313.jpg

イギリスから届いていたものですが、
届いたころはバタバタしていて、
本場のクリスマスプディングをゆっくりと味わってみたくて
冷凍するのはあまり好きではないけれど、冷凍庫に入れていて
やっと解凍することにーー

ナッツもフルーツもびっしりと入っていて、香辛料の香りが、美味しさに拍車をかけ
カロリーはとても高そうと思いながら、
ナッツ大好き、フルーツ大好き、香辛料大好きで、
ほんの一切れいただくつもりが、
今のナッツは?このフルーツは?香辛料は何と何?と
今にも、同じものを作る勢いで、判明するまで何切れもーー

ビレロイの大きなカップにたっぷりのコーヒーを入れて、
a0125981_2138931.jpg

こんな、お茶の時間、最高です。

素敵な一日、”ありがとう”
by rabi-u | 2013-03-13 21:01 | 日々のこと

花面

京都長久堂の花面
能楽の「おもて」をお菓子に作り上げているもの
幽玄の美、喜怒哀楽の表現
この花面はとても精巧にできていて、口の中に入れるのがもったいないくらい
みていて飽きない干菓子です。
a0125981_19253199.jpg


三月は少しゆっくりできる時間があり
a0125981_19351459.jpg

隠岐の島名産の、蒼文字のお茶、ふくぎ茶をたっぷりと入れ、
花面を一つだけ目で楽しみ舌で楽しみ、ゆっくりした時間が過ごせました。

Oさんとても精巧に作られた花面をありがとうございました。
Iさん香りが良くて、すっきりとしたふくぎ茶をありがとうございました。

教室にしているマンションの植え込みのさざんかの花も舞い落ちていますが、
ご参加くださいましたSさんのお庭にも、さざんかの木が数本あり、
a0125981_19511269.jpg

風のある日はとてもお掃除が大変だそうです。

花の咲き始めはとてもわくわくして眺め、
満開になると、ワアー見事!と眺め、
掃除をしないものは、舞い落ちた花も風情があるわーと
それはそれは、能天気に楽しんでいます。

子どもの頃、さざんかと椿の違いが判らず訊ねたら、
花びらのチラホラと舞い落ちるのがさざんかで
花首からぽとりと落ちるのが椿と教えてもらい、
舞い落ちたさざんかの花びらと、花首からぽとりときれいなまま落ちた椿の花に糸を通して首飾りにして遊んだ日々も、ついこの前という感じもし、また、なんだかずいぶんと遠くまで歩いた感じもする今日この頃です。

今日もご参加ありがとうございました。
by rabi-u | 2013-03-12 20:05 | 頂き物

桜草の寄せ植え

寂しかった自宅の門の所に
Tさんが寄せ植えをしてくださいました。
a0125981_1930921.jpg

淡いピンクのサクラソウ、春ですね。
シクラメンの葉にはキラキラ輝くスプレーを
門の周りに一度に春が訪れました。
Tさん、優しいお心遣いありがとうございました。

もう一方のTさんに種から育てたジキタリスの苗をいただきました。
a0125981_1944676.jpg

こんなに小さな苗から、背高のっぽの茎が伸びたくさんの花をつけるのですね。
大きく育つと嬉しいな。

もう一つ小さいものはミニ人参
a0125981_1947630.jpg

「もう少し大きくなってね」と毎日声をかけるのだけれど、
寒い寒い間に植えられた人参の種は
やっとこさっとこで芽を出して、小さな小さなミニミニ人参を作り
「もうこれ以上は望まないでね。」と言っているよう。
食べるととても甘い甘いミニ人参、暖かくなったので、もう少しおおきくなるかしら?

寒い寒い冬の間、じっと小さな葉のままで耐えていた酔仙王
a0125981_19575161.jpg

とても生き生きとしてきました。
後、二か月も経つと
a0125981_2042163.jpg

こんな可憐な花が開くのですね。

月日が経つのも、成長も早いですね。

今日お越しの方々のお嬢様方は小学生のころに教室にご参加くださった頃は
とてもお茶目で、利発で、かわいいお嬢様方
月日が経ち、今は、とてもきれいな上に頭脳明晰な大学生
就職活動、真っただ中、
面接等、とてもとても大変な様子。
頑張ってね。応援しています。
by rabi-u | 2013-03-11 20:18 | 頂き物
昨日の陽気はどこえやら
今日は春の嵐のような雨と風
良かった!落ち着いて針仕事ができるーー
良い天気だとついつい身体を動かして、なかなかじっと座っての仕事に取り掛かれない。
昨日、黄砂のことはつゆ知らず、
窓を全開して、押し入れの片づけをしたら、いつか時間があったとき、縫いたいと詰め込んだものが山とあり、
他のことに脇目も振らず縫い上げて片づけようと引っ張り出し、今日は午後から針仕事。
少し疲れたなと、思っていたところに
東京のTさんより届きました。ガレットとパレットの詰め合わせがーー
a0125981_16342118.jpg

フランスのお菓子、バターの風味がとても効いていて美味しいもの
早速、お茶に
こんな時、合わせるお茶はYさんからいただいたルビシアのルイボスティ
ルイボスティに香りつけがしてあり、甘くて優しい味のするフレーバーティ
コップはたっぷりいただきたいときにはビレロイでーー

日本にいて、フランスのビスケットをお供に
ドイツ製のカップになみなみと注いだルイボスティを戴けることは、ほんとに幸せなこと。

Tさんありがとうございました。

さあ、もうひと頑張りで片づけよう。

雨は上がったけれど外は寒そう、と、ふと裏庭に目をやると
侘助がひっそり咲いていました。
a0125981_16484063.jpg

毎年侘助の咲き始める頃はとてもとても忙しい日々を送っていて
「さあ、今、見なければ来年には花をつけないぞ」と
侘助の方から目に飛び込んでくるまで気が付かず
なんだか、けなげに咲く侘助を見ると、とても心が和みます。
by rabi-u | 2013-03-10 17:00 | 頂き物